すべて言い訳するのは環境のせいなの? ー「夫も子どももいるから・・・」仕事ができない理由はなんだろう?

すべて言い訳するのは環境のせいなの? ー「夫も子どももいるから・・・」仕事ができない理由はなんだろう?

なんかイライラする・・・

そんな風になるときは、自分の時間がうまく使えていないときだったりします。つい先日、取引先の人が「わたし常にイライラしちゃうんですけど。どうしたらイライラしなくなるんですか?」と相談?されて、とっても面白いなって思った。

IMG_0593ひとりでコスメ販売なので、イライラは自分で解消せねば!
イライラした販売員だとお客さんにも伝わっちゃうもん

 

30代前半までは人とぶつかり、イライラしていた。結果、生きていけないので、何とか乗り切ろうと努力してきました。
ストレスを溜めると皮膚病が悪化して働けなくなる悪循環

わたしは去年までは独身だったから、独身=自由な身という定説に乗っかって、30歳を大幅に過ぎても結婚しない(できない??)、一風変わった女という立場が、ここ何年も自分の中で定着していた気がする。

 

やっぱり子どもも欲しいからフル稼働では働けない
夫も子どももいるから、仕事は家庭の二の次になっちゃう
やりたい仕事ができるって理想だけど、日々の生活に追われて中々そこまでは・・

という女性たちの話を聞きつつ「そんなものかなあ・・」と他人事で聞いていたわけです。

 

【若い頃はわたしも夢みてたよ・・・とか言っている人ほど現実をわかっていない】

40歳に近づき、結婚も出産も経験したかつての友人たちは言う
若い頃は仕事も頑張ってたけど、あんな風に仕事をしてたら子育てできない
やりたいことなんて、今更できない
モテキなんて、もうない

そんな友人たちをみていて、他人事だと思っていたわたしも今となっては結婚した身で同じ立場で考えてみたりする。子どもはいないので、そこはまだまだ分かりませんが。

 

そして結婚・出産を経験した主婦たちが言う、最大の退屈なことば
若いころはわたしも夢みてたよ。でも現実は違うし

 

え?

それって、なに?

なにが??

どこから目線???

ふう〜〜。。。
つまり、謎の下から目線も困るけど、謎の上から目線も困っちゃう!
現実ってなんだろうね?いま、現時点でフルで働いている人たちの現実を理解しようよーーー!働いている環境も変わっているので、10年前の常識なんていまは通用しないんだから。

結婚したら藍もわかるよ
子どもができたら、そんな自由ないよ
もう自分の時間なんて無くなるからいずれはわかるよ

だからそれってなに??

【モノゴトは、自分の世界だけでできていない】

わたしは暗いし頑固なので、違和感を感じたできごと(大抵は人が起こすこと)を、自分の都合のいいように捉えないようにしてます。
そうはいっても、人は勝手な生き物なのでどんなに頑張ったって、自分の都合でモノゴトをみてしまうものだから、そこが根底にあると思っている。

 

それを踏まえて、自分の経験を人に話すときには「わたしはこう思っているよ?」と、経験談として話すべきだと思う。
「わたしはこう思っているよ?」だったらその中には余白が生まれる。余白とは、相手が入る隙間のことです。

IMG_0554
このHさんはそういう話が普通にできて面白い!
きっと暗いと思う、オタク気質の女性

 

わたしはこう思っているけど、もしかしたら違う見方もあるかもしれない
わたしは今こういう状況だけれど、あなたの場合は違うかもしれない

そういう心の隙間が必要だと思う。
意見交換は相手の気持ちを聞こうとしないと聞けないもの。
だって、ダでさえフルタイム勤務の仕事の人間関係ですり減っている現代女性。聞こうとしない人には自分の話なんてしないのよね

つまり、自分で決めて、結婚して子どもを産んで専業主婦になった人が、なぜ目の前の友人(だった人)の気持ちを思いやれないのかしら?

モノゴトは、自分のいる世界だけではできていない。
わたしは肌を通して沢山の人に出会い、販売の仕事の中で目の前の人の肌を少しでも改善したいという気持ちでやっています。

だからこそ、目の前の人のストーリーに耳を傾けることが大事なんです。人は違う環境の中で生活しているからこそ自分ができないことを環境のせいにするのは違うんじゃ??って思うんですよねえ。。。

言い訳してる自分に気がつけばいいじゃん! とも思う。
言い訳から始まってもいいけど、自分のやりたいことを実行するための言い訳を考えればいいじゃん!とも・・

まあ、ベテラン主婦の方たちから見れば、まだまだこんな小娘みたいなわたしが言うのも、上から目線なんだろうし気に入らないんだろうけど!
そう!わたしの場合、

思いっきり自分から目線

 

IMG_0629 (1)

これ以外の目線がない。もう、ほんとに・・・・

そして暗いわたしだから結婚して思うのは、自分の居場所ができたことがすごく安心できるってこと。
家中、どこにいても自分の居場所がある。それは、わたしの経験からすると当たり前のことじゃないんです。

自分の都合の良い時間にご飯が作れる
家のどの場所でも自分がいるのが当たり前の空間がある
まずは、お互いを尊重して生活ができる

そんなことが嬉しいし、安心できる。だからこの生活が当たり前なんじゃなく、自分で大切に守っていきたいなって思うんです。

 

つい先日、母親がわたしのパートナー本人に言ったこと
藍が結婚できること自体、奇跡みたいなことだから

そして日曜日は、大学時代のサークルの人たちに会ったんですけど

IMG_0635
サークルの後輩の結婚式

IMG_0629

お腹が空きすぎてお食事前の挨拶が耳に入らない図
春は化学物質で肌が痒いし顔が腫れちゃう

 

久々に会った大学時代の人たちは

結婚するとは思ってなかった
世の中の女性を勇気付けるのがお前の結婚だよね って・・・

うるさーーーーー!!(笑)
その辺は放っといて欲しいと思う現実が目の前にあるけど、きっとそれがわたしなのだと受け入れることにしました。

しかし、それを言われたパートナーは、どう考えろと??と思っていることは内緒ですけどね♪